生命保険というのは経済的な制度であるわけですが

生命保険とは経済的な制度であるわけであり、安心を買える制度と言われています。要するにまず保険契約者から保険料という名のお金を徴収するわけですが、この保険料は保険者、つまりは、その代表となる保険会社が算定をして収集して管理をしていくことになります。そして最終的にその保険が適用されずに終わってしまうという人がいるわけですからそれがそのまま儲けになる、という時代もありました。生命保険の取引が行われていくということになりますが、これは安心感を内容とする商品であり、契約が締結されているわけですが、当然全ての人にすれば適用されるわけではなく何事も起きずに支払い損となる人もいるわけですがその場合でも安心は買えているということになります。また保険が金融と言われている最大の理由はその資金を運用に回しているからであり、だからこそ、金融の一端を担っているということになりますのでかなり大きな存在であるのは間違いないのです。ミュゼ デリケートゾーン

生命保険というのは経済的な制度であるわけですが