普段ドラマは見ないけれど東京タラレバ娘を見てみました。

私は普段テレビはバラエティーを見ることが多いのですが、最近ドラマを見るようにしています。やっぱり周りがドラマを見ていると会話についていかないと!という気持ちもありますし自分以外の人の生き方や価値観って見ていて面白かったり羨ましかったり教訓になったりしますよね。
今回は『東京タラレバ娘』というドラマを見ています。原作の東村アキコさんの漫画が大好きなのですが、期待通りのクオリティーで毎週楽しみにしています。私にも経験があるのですが女子会をするとガールズトークに花が咲き時間を忘れて飲んでしまいますよね。彼氏のこと、家族のこと、仕事のこと。話しても話しても次から次に話題がでてくるのでドラマを見ていてもあるある!と盛り上がることができます。
また女優さんたちの演技はとっても素敵ですし、恋愛の雰囲気にはキュンとなります。前を向いていこうとするキャラクターについつい応援する気持ちにもなりますね。これからも楽しく見ようと思います。そして私も見習ってポジティブに毎日を過ごせるといいなと思います。メルライン 売上ナンバーワン

普段ドラマは見ないけれど東京タラレバ娘を見てみました。

久しぶりに乗ったバイクで走り出しながらみなさんと取り扱う20代淑女の心象景色

寒空の内側、ハンドルを掴まえる両手とヘルメットの内側の顔つき以外は死ぬほど白々しい。
結果的にひとりではあるものの、また今年もこうして去年までと同じように年越しのツーリングを楽しんでいる。
去年の今頃は多用さを分かる中で夕刊を配り終えてから寝ないで用賀に残る小竹の自宅で数人の悪童たちと酒を引っ掛け、その日だけはとうに甚だ前におさらばしたはずだったタバコを解放し、脳裏が朦朧としたまま三時間以外を費やし、時世を跨いで品川等まで赴き、淑女組織だけで夜景をみてはしゃいだものだ。
昨今思えば、それというのは蛮行の極みだったかもしれないが、あたしはあまり孤独ではなかった。
やり場の無い孤独印象を保ち始めたのは、果していつ頃からだろうか。
もしかすると、自分は自分が気づいていないだけで本当は目に見えないグループという存在が少なからずあるのかもしれない。
いずれにせよ、こういう人体ではそれほど長く走ることはできみたいもない。
それに今は既に、昔ほど愉悦に浸ることなどできは諦める。
あたしは昨今、勢いだった時の本人を憂いでいるのだろうか。
魂の抜け切っていた本人を恥じているのか。
あるいはどちらの感情も背負い込み、ゆくゆくは体内に浸透し、とも本来の自分の格好として共存しているのかもしれない。http://www.antiquetelescopesociety.com/

久しぶりに乗ったバイクで走り出しながらみなさんと取り扱う20代淑女の心象景色