ここまで低調なポルトガルが準決勝で見せた実力

EURO2016準決勝、ポルトガル筆頭対ウェールズ筆頭は2対0でポルトガル筆頭が勝利、はなやか12階層振りと上る決勝伸長を果たしました。
今フェスティバルのポルトガル筆頭クリスチアーノ・ロナウドを原則として欧州の中心リーグで活躍しているスポーツマンを筆頭に徴集したものの、群衆リーグでは格下のチームに対して苦戦、ラスト節のハンガリー戦こそ3得点を叩き出したものの、3失点をくらい通常3引き分けでぎりぎりの決勝トーナメント伸長、決勝トーナメントでも90パイで勝ちきれない舞台が続きました。
対してウェールズはベイルが最上級、群衆リーグではイングランドに敗戦したものの2勝1敗の首位歩行、決勝トーナメントも完全8まで90パイで勝利し、ぴったりチームとしては最上級でした。
舞台は初期戦こそお互いに慎重な舞台運びを見せ0対0、しかし後半戦になるとポルトガルがいっぺんに攻め混み、後半出発早々にパイにはクリスチアーノ・ロナウド、53パイにはナニがプラス条目を挙げ、ポルトガルの真骨頂を見せつけた流れとなりました。女性育毛剤

ここまで低調なポルトガルが準決勝で見せた実力