そう言われてみるとわからないブルーハワイの味

夏になると、かき氷が食べたくなります。
7月25日は「な(7)つ(2)ご(5)おり」から、かき氷の日になったようです。

さて、かき氷の定番の味と言えばイチゴ、メロン、レモンですが、その中にもう1つ、忘れてはならない定番の味があります。
それはブルーハワイです。
では、ブルーハワイがどんな味かご存知でしょうか。

ほとんどの方が「よくわからない味」と答えると思います。
なぜなら、ブルーハワイには決められた味付けが存在しないからです。
ブルーハワイの青色は、「キュラソー」と呼ばれるオレンジの果皮を使用した着色料が使われています。
パイナップルやレモンで味付けするのが一般的のようですが、製造会社によってレシピは異なるそうです。
そのため、青色であること以外は縛りがないのです。
ちなみに、ブルーハワイはどうして「ハワイ」なのかと言うと、これはハワイで生まれたソースだからという説が有力です。

味の定義が曖昧なブルーハワイは、いろいろな場所で味わってみると面白いかもしれません。お金を借りる ネットで

そう言われてみるとわからないブルーハワイの味