生命保険というのは経済的な制度であるわけですが

生命保険とは経済的な制度であるわけであり、安心を買える制度と言われています。要するにまず保険契約者から保険料という名のお金を徴収するわけですが、この保険料は保険者、つまりは、その代表となる保険会社が算定をして収集して管理をしていくことになります。そして最終的にその保険が適用されずに終わってしまうという人がいるわけですからそれがそのまま儲けになる、という時代もありました。生命保険の取引が行われていくということになりますが、これは安心感を内容とする商品であり、契約が締結されているわけですが、当然全ての人にすれば適用されるわけではなく何事も起きずに支払い損となる人もいるわけですがその場合でも安心は買えているということになります。また保険が金融と言われている最大の理由はその資金を運用に回しているからであり、だからこそ、金融の一端を担っているということになりますのでかなり大きな存在であるのは間違いないのです。ミュゼ デリケートゾーン

生命保険というのは経済的な制度であるわけですが

「キャッスル ミステリー作家のNY事件簿」シーズン7第20話を見て

アメリカドラマ「キャッスル ミステリー作家のNY事件簿」シーズン7第20話をDVDで見ました。

今シーズンも残り少なくなり、ついに気になっていたキャッスルの2か月間の失踪事件に踏み込んだストーリーでした。当時のことを夢に見るようになり、一週間も寝不足におちいるキャッスル。幸せな日常を取り戻した今となっては、たとえ睡眠が十分にとれなくても事件の核心にはもう迫りたくないというキャッスルの気持ちはとてもよく分かります。特にキャッスルは職業作家なのできっと一般人よりも想像力豊かなため、どこまでが現実なのかよく分からなくなっていそうですね。

初めてセラピーにかかったというキャッスルが、催眠療法を使って少しずつ真実を明らかにしていく過程は、なかなかに見ごたえがありました。都合の悪いキャッスルの記憶を消すため、別の記憶を上書きさせるやり方とか、かなり胡散臭く感じました。結果的に数万人の命を救ったわけですから、キャッスルにとってはそんなに悲惨な内容ではなくてなによりです。ですがこれでもう一件落着?と少々拍子抜けした内容でした。フレシャスウォーター

「キャッスル ミステリー作家のNY事件簿」シーズン7第20話を見て